「にこたま」とは


育児ニガテ意識バリバリのママと、姑気質バリバリのイクメン旦那の憂鬱な子育てマンガ。ワーキングマザー・みっきーの子育てと仕事の日々に葛藤するマンガブログです。

2015年6月21日日曜日

お父さんいつもありがとう/にこたま158話



こんばんは。きょうは父の日でしたね。
久しぶりに夫・くっきんの話を
こういう日なので、描いてみました。

職場に復帰して、私もこの6月でちょうど1年が経ちました。
だんだんと、夫婦の関係も最近すこし変わってきたように思います。

育児休業中は、私が主に子育て・家事、夫は仕事というふうな役割分担になり
私は家事がへたくそなので、夫が姑のように家事指導したり(第12話姑イクメン参照)
本当は、もっと社会と接点を持ちたい私が、夫に嫉妬したりして、(第54 話自分を取り戻せ参照)


子どもができる前の二人は、もっと自由だったはずなのに、
なんだかなぁ。という感じになっていました。


復帰をしてからも、しばらくはこんな感じが続いていました。
私が、子ども・家事も、仕事も頑張らねばという気負いを持ちすぎて
一人パンクをしたりもして、なかなかウマくいかない。と文句をぶつぶつ言ったりもしたけれど

最近は、くっきんはもう完全に子育ても家事もコミットしており
仕事もかなり時短なのに成果も出していて、
イクメンとか呼ぶのが憚られる感じで
もう、これは一人の人間として尊敬。

というか、こういう人がそばにいると、私はどうするの?と、
もう仕事と家庭の両立がうんぬんとか言ってる場合かよ?
こうなると、男とか、女とか関係ないね。
時間制約があっても、こうやって頑張っている人、いるじゃん。

やるなら、やるって決めたほうがいいよ。と
自然と思える感じがしました。

人間、できない理由を探して逃げるのは、簡単なんだよな。

こうやって頑張ってる、時間制約あるパパって、私たち世代には、増えてきている気がする。
男だから女だからって、分けるわけじゃないけど
女以上に、周りから理解が得られない人もいると思う。


私も、がんばらないとなあ。

お父さん、いつもありがとうございます。



(終わり)

ブログランキング、やはり一生懸命やることにしました。
2つのブログランキングに参加しています。
優しい人はそれぞれクリックしてやってください。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村


育児絵日記 ブログランキングへ 

■facebookにこたまコミュニティページご参加ください
https://www.facebook.com/nikotamanga

■ドコモ『ママテナ』で、「にこたま」好評連載中ですhttp://mama.bibeaute.com/category/comics/

■二子玉川のローカルニュース二子玉川経済新聞で『ニコママ見聞録』連載中です
http://nikotama.keizai.biz/special/archives/

■ソーシャルまんが広報部 社会課題に向き合う方を、まんがで応援しています コラボしたい方募集
http://socialmanga.tumblr.com

クックパッド×にこたま『産地直送便』つかってみました
https://magnet.vc/v/1y0865m0

ライフポートフォリオ×にこたま『家族というチームのサッカーゲーム』
http://niko-tama.blogspot.jp/2015/02/soccer.html

■イベントでしゃべったりもしています。
http://www.huffingtonpost.jp/cybozu/child-rearing_b_6740482.html

お問い合わせはお気軽にこちらまで

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントはこちら